アルミ押し出し加工からアルミ素材、機械加工、板金加工まで幅広く対応

Produced by アルミファクトリー株式会社

メニュー

コストダウン・改善事例

後曲げを最初から曲げ付にすることによるコストダウン

BEFORE

曲げ
上記は構造部品の例です。元々押出の型を保有されておりましたが、仕様が変わりその型を曲げてほしいとの依頼でした。

AFTER

そこで仕様が変わったことから、押出の形状を一新することにしました。後で曲げを行うことももちろんできますが、押出形状を元々曲げたものに変更することで、曲げる工数が削減されることにより、コスト削減と納期の短縮に繋がり、品質面も安定して高品質が保つことができました。

押出形状を曲げの形状にすることで、後工程での曲げの工程を省くことができます。製品の仕様が変わることはよくありますが、その際に現状を維持するのではなく、この先のことを考えて一から金型を設計しなおすことで、結果コスト面品質面においても効果を生むことがあります。仕様変更の際には、ぜひご相談ください。

特注アルミフレーム

50kgからご相談ください