アルミ押し出し加工からアルミ素材、機械加工、板金加工まで幅広く対応

Produced by アルミファクトリー株式会社

メニュー

コストダウン・改善事例

押出材をアルマイト材に変更することによるコストダウン

BEFORE

アルマイト処理
アルミで製品を製作した場合、アルミのキズや腐食、摩擦を防止するためにアルマイト処理をして表面を保護することがあります。納期で言うと、アルマイト処理には製品が完成してから約2日を要します。

AFTER

アルマイト処理済押出

切断面は生地になってしまいますが、それでも問題がない場合は押出の段階からアルマイト材に変更することができます。アルマイト材に変更することで納期を短縮することができます。また、部品1点1点にアルマイト処理を行うのはどうしても時間と工数を要するため、その工数が削減するためコストダウンにも繋がります。

切断面が生地でも問題ない場合、アルマイト処理を行うのであれば定尺材をアルマイト材に変更することにより納期短縮とコストダウンが実現できます。使用用途によってご検討されてはいかがでしょうか?

特注アルミフレーム

50kgからご相談ください